空気銃の弾の種類でおすすめは?材質や重さの違いによる弾速について!

ABOUTこの記事をかいた人

『週末狩りガール』の記事を書いているSAKURAです! 他界した父親や会社の先輩の影響で狩猟に興味を持ち、2018年に第二種銃猟免許を取得しました! エアライフル(空気銃)を使った狩猟についての記事や、アウトドア全般についての記事を書いています♪

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

Bushnellのスコープ調整の時に、手持ちの『FX airguns 5.5mm』のペレットを使い切ってから、いまだに新しいペレットを購入していません(+_+)

 

50mゼロイン!射撃場で空気銃のスコープ調整♪Bushnell編

2019年4月13日

 

ペレットの種類が変われば、弾の重さも変わってしまうので、スコープのゼロイン調整もズレてしまいます(+_+)

なので次も『FX airguns 5.5mm』を購入するつもりですが、今回は空気銃のペレットについて調べてみようと思います!

 

 

空気銃の弾『ペレット』について!

 

空気銃のペレットですが、種類だけでも数百種類ありホントにどれを選べばいいのかまったくわかりません!

 

SAKURA
たくさんの種類があって何を目安に選べばいいのやら・・・。

 

もちろん自分の空気銃の口径に対応するペレットを買う必要がありますが、その他で違うところと言えば!

 

空気銃のペレットの違い
  • 材質の違い(鉛・鉄など)
  • 形状の違い(ラウンドノーズ・ドームなど)
  • 重さの違い(gr=グレインで表します 1gr=0.0648g)

 

上記のような違いがあります!

 

先輩
へぇー!材質って鉛だけかと思っていたよ!

 

では順番に見ていきましょう♪

空気銃のペレットの材質の違い!

 

空気銃で使われているペレットの材質は、ほとんどが鉛製ですね!

猟区によっては野性鳥獣を鉛害から守る目的で、鉛弾の使用が禁止されている地域もあるため、鉄や銅製のペレットが使用されることもあります!

ペレットの種類 毒 性 硬さ(鉛と比較) 比重(鉛と比較)
鉛弾 有 毒
スチール弾 無 毒 約5~8倍 約0.7倍
ソフトスチール弾 無 毒 約3~5倍 約0.7倍
ビスマス弾 無 毒 約1~2倍 約0.9倍
タングステン弾 無 毒 約2倍 約0.9倍
錫弾 無 毒 約0.5倍 約0.7倍

 

なぜ鉛製のペレットが主流なのでしょう?

それにもちゃんと理由があるみたいですよ!

 

空気銃のペレットの素材に鉛製が多い理由!

空気銃から発射されたペレットが、形を保ったまま獲物を貫通した場合、ほとんどダメージがないそうです!

 

運動エネルギーを帯びたペレットが、獲物にHITした瞬間に変形することによってより巨大なストッピングパワーが生まれるわけですね!

 

また、命中後の弾頭形状の変化もストッピングパワーに関わる大きな要素とされている。弾丸の質量や速度が同じでも、人体を貫通しやすく、弾の運動エネルギーをフルに活かしきれないフルメタルジャケット(FMJ)よりも、変形して抵抗を増し人体内部に留まって弾丸の持つエネルギーを体内に伝達せしめるホローポイント弾やソフトポイント弾の方が、対象をより大きく損傷するためだ。 MEDIAGUN DATABASE より)

 

SAKURA
水風船の投げ合いでも顔面に当たって破裂したほうが大ダメージですよね!
先輩
うん・・・。そうだね!

 

つまりペレットの材質は硬すぎてもよくないってことですね!

獲物にHITした時に程よく変形することで、強烈なストッピングパワーが発生するわけです!

 

先輩
鉛は比重の重い金属だし、程よい硬さなのでペレットをはじめ弾頭の素材としては最適だね!

 

 

空気銃のペレットの形状の違い!

 

空気銃のペレットは形状も多種ですね!

 

SAKURA
私が使用している『FX airguns 5.5mm』はラウンドノーズ型かドーム型かな?

 

先輩
俺も同じ物を使っているけど、一般的な形状だと思うよ!

 

ホローポイント弾

尖頭弾

ラウンドノーズ弾

 

ホローポイント弾の特徴!

ホローポイント弾の特徴
  • ホローポイント弾は弾頭の先端に窪みがある物が多い
  • 弾頭が獲物にHITした際、潰れて扁平な形になる

ホローポイント弾は対人、対動物用に開発された弾で、殺傷力が高いことでも知られています!

着弾時の変形により、かなりの確率で弾は貫通せずに獲物の体内にとどまります!

SAKURA
つまりその分、弾の衝撃がダメージとして伝わりやすいわけですね!

 

 

尖頭弾の特徴!

尖頭弾の特徴
  • 弾頭の先端が鋭く尖っている物が多い
  • 標的に対する貫通力を高めるために考えられた弾頭

弾頭先端が尖ったペレットで、ホローポイントとは逆に標的に対しての貫徹力を一番に考えて開発されたそうです!

超音速下での弾道特性が安定しているため、最近では超音速スプリング空気銃向けのペレットとして採用される事も多いです♪

 

 

ラウンドノーズ(ドーム)弾の特徴!

ラウンドノーズ(ドーム)弾の特徴
  • 弾頭先端が丸い物が多い
  • ペレットの中では一番メジャー形

『FX airguns 5.5mm』もこの形ですね!

弾頭先端が丸く、もっとも標準的な形状で弾道特性がかなり安定しているのでペレットでは一番普及している形状だと思います!

ネットで調べてみると、やっぱりこの形状のペレットを使っている方が多い気がしますね♪

 

空気銃のペレットの重さの違い!

 

空気銃のペレットは、重さについても様々な物が販売されています!

ペレットの重さについては、『gr』という単位が使われていますね♪

1グラムではなく、1グレイン(グレーン)と呼ばれています!

ちなみに『1gr=0.0648g』

 

SAKURA
軽いペレットと重いペレットってどっちを使えばいいのかな?
先輩
それは、獲物や使う場面で変わってくるでしょ!軽いか重いかでメリットとデメリットがあるし!

 

軽いペレットのメリットとデメリット!

軽いペレットのメリット&デメリット

メリット

  • 弾速が速い=標的までの着弾が速い
  • 弾道が直線的=距離に応じた弾道計算が不要

デメリット

  • 着弾時の威力が弱い=半矢になりやすい
  • 風の影響を受けやすい=風の強い時に命中率が下がる

 

SAKURA
威力が弱いのはツライかなぁ・・・。でも弾速が速いのは魅力的ですね!

 

重いペレットのメリット&デメリット
メリット

  • 長距離でも安定して威力が高い=獲物を捕らえやすい
  • 雨や風の影響を受けにくい

デメリット

  • 弾が重いので重力の影響を受けやすい=弾道計算の必要がある
  • 弾速が遅い=動く獲物には当たりにくいかも?

 

SAKURA
威力が高いのは魅力的だけど・・・。鴨は動いていることも多いし弾速が遅いのはちょっと・・・。結局何がいいのか悩みますね(+_+)
先輩
空気銃のパワーに合った弾の重さと、目的に合わせた形状を選べばいいのかな!

 

まとめ

通常の狩猟等での使用では、ペレットの形状はラウンドノーズ型かドーム型が空力学的に安定した弾であることがわかりました!

この形状が最もポピュラーなので種類自体も豊富に出ています♪

それと空気銃本来のパワーに応じて、適正なペレットの重量があることには注意が必要です!(ハイパワーなプレチャージ空気銃で軽すぎるペレットを発射すると弾道が安定しない)

SAKURA
ここまで調べてみると『FX airguns 5.5mm』がバランス型のペレットで多くの支持を得ている意味がなんとなくわかりました!
先輩
空気銃もスコープもペレットも自分に合った物を探すのが楽しみの一つだよ!
SAKURA
空気銃を2丁も3丁も所持する人の気持ちがちょっと解ったかも!
先輩
狩猟スタイルに合わせてペレットが変われば、スコープの種類も調整も変わるからなぁ♪1丁では回らないよね!

 

確かにペレットを変える度に、射撃場でゼロイン調整をするのは大変ですよね(+_+)

ペレットごとに弾道計算出来ないのか調べてみたら『弾道計算アプリ』があるみたいですね!

今度調べてみて、まとめてみようと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。