DODオクラタープなら焚き火も心配なし!購入時の注意点とおすすめのタープポール選びについて!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ『週末狩りガール』を運営しているSAKURAです! 2018年に狩猟免許(第二種銃猟免許)を取得しました! 主にエアライフル(空気銃)を使った狩猟・キャンプ・海釣りについての記事を書いています(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

 

DODのタープポールの記事で少し触れましたが、「DODオクラタープ TT8-583-BK」を購入しました!

 

DODのタープは「いつかのタープ」に続いて2つ目の購入になります。

 

DODのいつかのタープはポールやペグもセット販売!驚きの価格で口コミやレビューでも高評価!

2019年8月27日

 

友人の私有地で試し張りをさせて頂いたので、「DODオクラタープ」に使うおすすめのタープポール選びや張り方、購入前の注意点についてご紹介します。

 

SAKURA
コロナの影響で地元のキャンプ場が閉鎖されているのです・・・。キャンプで使用した後は、レビュー内容をどんどん追記していくつもりです!

DODオクラタープ(TT8-583-BK)とは!?

 

「オクラタープ」は、DODから販売されているポリコットン製のオクタゴン型のタープテントです。

 

5.1m×5.1mの大型サイズですが、流線型という形とグロメット&ループが全ての角に付いている事でペグダウンしやすく、耐風性に優れています。

 

SAKURA
「ポリコットン生地」とは、ポリエステルとコットンの混紡生地のことで、「丈夫で燃えにくい」性質があります!

 

DODオクラタープのカラーは「タン・ベージュ・ブラック」の3種類!

 

DODオクラタープのカラーバリエーションは「タン・ベージュ・ブラック」の3種類!

 

テントやキャンプギアに合わせてベストなカラーが選べます。

 

SAKURA
私はブラック(TT8-583-BK)を選びました!

 

 

DODオクラタープは張り方が自由自在!

 

DODオクラタープは、ポールやロープの組み合わせ次第で自由自在にタープを張ることができます。

 

DODから販売されている「カマボコテント」と組み合わせることで、カマボコテントのタープスペースが広がり、日陰を濃くして結露を防止する役目も果たします。

先輩
「オクラタープ」「カマボコテント」の組み合わせで「オクラカマスタイル」ってやつだね!(公式の呼称です)

 

DODカマボコテント2の検証!いつかのタープやワンタッチテントとの組み合わせについて!

2019年10月29日

DODオクラタープの高評価ポイント!焚き火の「火の粉」も怖くない!

DODオクラタープはポリコットン生地(ポリエステル65%、綿35%)で作られていると何度も言いましたが、実際なにが凄いのか!?

 

ポリエステルやナイロン製のタープは、焚き火の「火の粉」があたってしまうと穴が空いてしまうことも・・・。

 

SAKURA
ポリコットン生地なら、火の粉があたっても穴が空きにくいですよ!
先輩
キャンプだとやっぱり「焚き火」は楽しみのひとつ!タープの付近で火を起こしても気にならないポリコットン生地は、ありがたいよね!

DODオクラタープで使うおすすめのタープポール選びと張り方!

DODオクラタープに最適なタープポール選びですが、同じDODブランドで揃えるならおすすめはこちら!

DODオクラタープ用のタープポール(DOD)
  • メインポール:「ハイパームテキポール」or「ビッグタープポール」
  • サブポール:「コンパクトタープポール」

DODのタープポールはどれを買えばいいの?「ビッグタープポール」と2本セットの「コンパクトタープポール」の比較!

2020年6月8日

 

SAKURA
私はメインポールに「DODビッグタープポール」を、サブポールに「DODコンパクトタープポール」を購入しました!

 

DODオクラタープには、専用キャリーバッグが付属されていますが、かなり余裕があるのでビッグタープポール2本とコンパクトタープポール2本を一緒に収納することができます!

 

DODオクラタープを「ビッグタープポール」と「コンパクトタープポール」を使って張ってみた!

「ビッグタープポール」をメインポールとして立ち上げてみましたが、高さも太さも十分でしっかり安定!

 

この状態から残りの6ヵ所をペグダウンしていきます!

 

先輩
これで完成?やっぱり「いつかのタープ」と比べると大型サイズだね!
SAKURA
この状態で使用するなら、メインポールのみの使用で、サブポールは必要ありません!

 

ここからサブポール「コンパクトタープポール」を使用して、「ウサギのロゴ部分」を立ち上げていきます!

 

この張り方がタープ内への出入りもしやすく、1番おすすめです!

DODオクラタープを購入する際の注意点!

 

DODオクラタープはかなりおすすめなタープですが、購入の前に注意するべき点もいくつかあります。

 

ポリエステルやナイロン製タープと比べて重たい!

燃えにくいポリコットン生地のオクラタープですが、当然ナイロン素材等のタープと比べて重くなります。

SAKURA
設営時や撤収時に、少し大変かも??

 

長時間の雨に弱い!

これもポリコットン生地の特性ですが、ポリエステル生地などのタープと違い生地に直接防水コーティングがされているわけではありません。

ポリコットン生地は、水分を吸収した際に綿素材が膨張することで雨漏りを防ぐ構造となっています。

先輩
長時間の雨にさらされると、雨漏りの可能性もあるわけか・・・。カビにも注意だね!

 

付属品のロープはあてにできない!

これも注意点ですが、張り方によっては付属されているロープが短すぎて「使い物にならない」可能性があります!w

これについてはロープを別に購入することをおすすめします!

オクラタープは8角形で、メインポール部分にロープ2本ずつ使用するので合計10本必要です。

SAKURA
私はこのロープを購入して試し張りしました!

まとめ

 

今回は「DODオクラタープ」についての記事でした!

注意点と言うより「特性」と言うべきかもしれませんが、そんな部分も含めて個人的には非常に気に入っています!w

SAKURA
早くキャンプで使用してみたいですね!
先輩
キャンプ場の再開はいつになるんだろうね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)