評判通りの簡単設営!コールマンインスタントバイザーシェードとは? 

ABOUTこの記事をかいた人

『週末狩りガール』の記事を書いているSAKURAです! 他界した父親や会社の先輩の影響で狩猟に興味を持ち、2018年に第二種銃猟免許を取得しました! エアライフル(空気銃)を使った狩猟についての記事や、アウトドア全般についての記事を書いています♪

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

考えてみたらキャンプで必要な物って意外と多いですよね(+_+)

多いと言うか、キリがないと言うか・・・。

寝床(テント)、食材(水分)、調理器具類、椅子、照明なんかは必須として!

タープなんかの日除けも欲しいところ(๑•᎑•๑)

今回はタープについて調べてみました!

今回は欲しい物が見つかったので、実際に購入しましたよ!

 

 

タープってなに??

出典:snow peak

 

そもそもタープってどんな物なのか??

SAKURA
私もアウトドア雑誌を見たりするまでは、聞いたことがありませんでした!

テントを寝室と呼ぶなら、タープはリビングです!

リビングスペースの上に張って雨や直射日光を防ぐ役割があります。

テント内で過ごすのは、基本的に寝る時。

その他の長い時間を過ごすのがこのタープの下になると思います。

タープの必要性について!

 

タープが必要な理由はたくさんありますが、基本的には居住場所を快適に保つため!

タープは重要なキャンプアイテムですが、タープ無しでキャンプをすることももちろん可能です!

でも、もし山の中でキャンプをしていたとしたら、山の急な天気の変化は怖いですよね!急に雨が降り、荷物が濡れてしまうかもしれません(+_+)

タープがあればそんなリスクも回避できますよ♪

あとは直射日光対策ですね!夏場のキャンプには絶対に必須と言えるのではないでしょうか?海水浴でも、泳がずに砂浜にそのまま居たら熱中症になりますよね(+_+)

夏場の炎天下では、食材も傷みやすいので、荷物はタープの下に置くようにしましょう!

タープの種類について!

タープには大きく分けて『自立型』と『非自立型』のタイプがあります。

SAKURA
超初心者の私にはどっちがいいのかな??
先輩
やっぱり設営のしやすさじゃないかな?1人とか2人で設営できるのがいいと思うよ!

 

自立型のタープ

出典:Coleman

 

自立型のタープは、四隅にポールがあり、そのポールを連結するように張り巡らされた骨組みの屋根に幕を被せるタイプです!

ポールだけで自立するので、設営も簡単な物が多く、風にも比較的強いです。

風がある場合でも、ロープを張れるタイプもあるので初心者はこちらがいいかもしれません♪

 

 

非自立型のタープ

出典:snow peak

 

非自立型は、ポール、タープ、ロープそれぞれの張力で形を作るタイプです。

SAKURA
これキャンプ場なんかでよく見ますね!雰囲気あっていいなー♪
先輩
アウトドアでの主流はこっちだろうね!

ポールの長さ、ポールの位置で形を変えることができるので、工夫次第では色々な張り方ができるってところが魅力ですね♪

結局どんなタープを買ったのか??

私が購入したタープは『ColemanインスタントバイザーシェードM』ってヤツです♪

自立型のタープと言われる物ですね!

 

これ実際に家のリビングで設営してみましたw

母親に怒られましたが、一人でもなんとか屋根までは被せることが出来ましたw

外ならもっと簡単に設営出来ると思います!

念のため完成画像をw

出典:Coleman

 

この自立型タープは骨組みがもう完成していて、それを広げて幕を被せてポールを伸ばすだけで設営が終わってしまいます!私のような超初心者にはおすすめの商品です♪

動画はこちら!

 

 

釣りが好きな方なら!

 

こんな日除けがない場所の釣りでも、このタープがあれば快適に釣りが出来ますよ♪

雨が降っても心配いりません!

注意
風対策は万全に!釣り場のルールに従って下さい!

タープはキャンプだけじゃなく、他のアウトドア遊びでも活躍しそうですね(﹡’ω’﹡)

値段もお手頃な物がたくさんあるので、一つは持っておいて損はないです♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。