【倍率別比較画像あり】エアライフル用スコープとしておすすめの「VORTEX Diamondback Tactical FFP」を購入して取り付けてみた!

 

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

前回の記事で、エアライフル「ベンジャミン・アルマダ」のマウントリングの交換をしました!

エアライフルのマウントリングを「VORTEX Precision Matched Rings-30 mm 」に交換!締め付けトルク値ってなんぞ!?

その後、実際に購入したスコープを取り付けてみました!

エアライフル用のスコープとしてもおすすめされていた「VORTEX Diamondback Tactical FFP」を購入!

 

今回エアライフル「ベンジャミン・アルマダ」用に選んだスコープは、この「VORTEX Diamondback Tactical FFPシリーズ」

このシリーズのスコープを選んだ理由はもちろん「FFP」だから!

先輩
FFPだと狩猟でどんなメリットがあるの!?
SAKURA
……。倍率を変更するとレティクルの大きさも変わるから、どの倍率でもミルドットの目盛りを使えるとか…!?
補足
FFP(第一焦点面)タイプのスコープは、照準を拡大/縮小した時にレティクルも一緒に拡大/縮小されるタイプのスコープです!

対してSFP(第二焦点面)タイプのスコープは、照準を拡大/縮小してもレティクルの大きさは変わりません!

 

SAKURA
FFPタイプはミドルクラス以上のスコープに採用されていることが多いみたいですが、VORTEXはお手頃な価格で提供しています!

 

このスコープについて調べてみると「豊和精機製作所」の佐藤社長もTwitterでおすすめしていました!

エアライフル用のスコープとして選んだ倍率は「4-16×44」!

 

VORTEX Diamondback Tactical FFPシリーズは「4-16×44」「6-24×50」の2種類が販売されています。

SAKURA
今回、私が購入したのは「4-16×44」です!

 

Diamondback Tactical FFP「4-16×44」
  • 倍率:4倍-16倍
  • 対物レンズ:44mm
  • チューブ径:30mm
  • アイレリーフ:約96.5mm
  • 最短焦点距離:20yd(約18m)
  • 全長・重さ:355.6mm 約655g
Diamondback Tactical FFP「6-24×50」
  • 倍率:6倍-24倍
  • 対物レンズ:50mm
  • チューブ径:30mm
  • アイレリーフ:約99mm
  • 最短焦点距離:10yd(約9m)
  • 全長・重さ:368.3mm 約697.5g

エアライフル用にスコープを選ぶ場合、倍率ももちろん大事ですが「最短焦点距離」についても無視できないみたいです。

先輩
パララックス視差補正がエアライフルでの狩猟でなんで大事なの!?
SAKURA
精密射撃が求められるから!?(知らん…)

パララックスの重要性を画像付きで説明しているサイトを載せておきます!

 

SAKURA
ちなみに前期で使用していたブッシュネルのスコープはパララックス=100ydの物でした!エアライフルでの狩猟は30m~50mくらいが多いので相性は悪そう…!

「VORTEX Diamondback Tactical FFP 4-16×44」性能は!?外で覗いてみた!

 

「VORTEX Diamondback Tactical FFP 4-16×44」をエアライフルに取り付ける前に、日中それぞれの倍率でどのように獲物が見えるのか、外で試してきました!

補足
獲物(ぬいぐるみ)との距離:50m

ぬいぐるみの大きさ:30cm

スコープ倍率:4倍・8倍・12倍・16倍

VORTEX Diamondback Tactical FFP 4-16×44「4倍」

SAKURA
4倍だとレティクルもちょっと見えにくいですね…。

 

VORTEX Diamondback Tactical FFP 4-16×44「8倍」

SAKURA
前使っていたスコープの最大倍率がこれくらいですね!

 

VORTEX Diamondback Tactical FFP 4-16×44「12倍」

SAKURA
レティクルもハッキリと見えますね!

 

VORTEX Diamondback Tactical FFP 4-16×44「16倍」

SAKURA
見えやすい!!これならネックショットもいけるかも!??

エアライフル用に購入したスコープ「VORTEX Diamondback Tactical FFP」を取り付け!

 

先に取り付けた「VORTEX PRECISION MATCHED RINGS」の上にスコープを載せ、アイレリーフの調整をしながら位置を決めて、銃とスコープの水平を見ながら規定トルクで締め付けました。

SAKURA
締め付けは必ずトルクドライバーを使いましょう!
先輩
なんかリング部分に隙間がある!?
SAKURA
これで問題ないです!規定トルクで締めてるし!(リロ氏さんも言ってたし…)

まとめ

 

今回の作業でVORTEXのマウントリングとスコープの取り付けが完了しました!

SAKURA
あとは射撃場でゼロイン調整ですね!先輩!
先輩
実は俺もスコープ購入したからもう少し待って!
SAKURA
へぇ~どこのメーカーのスコープですか??
先輩
マーチ!
SAKURA
マーチ??ん…え…!??