徳島県で空気銃の暴発事故が発生!空気銃のデコッキング方法やセーフティフラッグについて!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ『週末狩りガール』を運営しているSAKURAです! 2018年に狩猟免許(第二種銃猟免許)を取得しました! 主にエアライフル(空気銃)を使った狩猟・キャンプ・海釣りについての記事を書いています(๑❛ᴗ❛๑)۶

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

猟期中ということもあり、狩猟中の事故についてのニュースが増えていますね・・・。

今回は徳島県で、銃所持許可申請の更新手続き中に起きた『空気銃の暴発事故』についての記事になります。

 

 

徳島県で銃所持許可の更新手続き中に空気銃の暴発事故が発生!

恐ろしいというか、何というか・・・徳島県で銃所持許可の更新手続き中に空気銃が暴発する事故が発生してしまいました。

美馬署内でエアガン暴発、壁に穴 許可手続きの男性所持

猟銃所持許可の更新手続きに訪れた美馬市の50代男性のライフル型エアガンが署内で暴発し、鉛弾1発が壁に当たったと発表した。けが人はいない。署は銃刀法違反の疑いで男性から事情を聴いている。出典:徳島新聞

エアガンが暴発!?と思われる方もいるかもしれませんが、今回の記事でいうエアガンとは『狩猟や射撃で使用される空気銃』の事です。

空気銃とはいえ、威力は十分!鳥はもちろん、口径によってはイノシシやシカの止めさし(トドメを打つ事)にも使われる場合があります。

人間でも急所に当たれば命に関わります!!!

SAKURA
更新手続きという事は、銃所持経験者ってことですよね・・・。どうしてこんな事故が起こってしまったんでしょうか・・・。
先輩
うーん・・・。とりあえず怪我人が出なくてよかったよ・・・。

なぜ空気銃の暴発事故が起こってしまったのか??

注意
ここから先は完全に予想です!今回起こってしまった暴発事故の原因とは異なるかもしれません!

男性がエアガン(全長96センチ)をナイロン製バッグに入れようとしたところ、引き金に触れて鉛弾(直径7・4ミリ、長さ9・5ミリ)を誤って発射した。弾は石こうボード製の壁にめり込み、直径9・9ミリの穴が開いた。出典:徳島新聞

先輩
原因は引き金に触れてしまって、発射してしまったことだね!
SAKURA
それはそうですが・・・弾が発射される事がおかしくないですか??

男性と署員は、銃の弾倉に弾が入っていないのを確認していた。弾倉から弾が送り込まれる薬室に弾1発が装塡されたままになっていたとみられる。出典:徳島新聞

SAKURA
先輩!マガジンには弾が入っていないのを確認していたみたいですよ!?でも薬室に弾が1発入っていたと!??
先輩
なるほど・・・。そのパターンか・・・!
SAKURA
そのパターンとは!??
先輩
ここからは俺の予想だよ?マガジンが空で薬室に1発装填されている状況が起こるとしたら、例えば狩猟に出かける→獲物発見→マガジン装着(プレチャージ式空気銃はコッキングレバーを起こした状態でしかマガジンが装着できない物が多く、マガジン装着後コッキングレバーを戻すと薬室に1発装填される)→狙っていた獲物がいない→マガジンを抜くためにコッキングレバーを起こす→マガジンを抜く→この時点で薬室に1発装填+コッキングもされた状態→移動する→忘れて家に帰る!!こんな状況とかもありえるよね!

 

 

空気銃でデコッキングを行う方法は!?薬室に残った弾の脱包はどうすれば!?

先輩
SAKURAさんは自分の空気銃のデコッキングのやり方って知ってる??
SAKURA
はい!購入した時に銃砲店の方が教えてくれましたよ!
先輩
デコッキングのやり方については、この動画を観ればわかりやすいかも!このタイプの空気銃が多いし!

SAKURA
ん!?先輩、確かにデコッキングしていたら今回の場合、弾が発射されていなかったかもしれませんけど・・・薬室に弾が装填されている状態ってマズいですよね!?空気銃の脱包ってどうやれば??
先輩
・・・。
SAKURA
え!?どうやればいいんです??先輩!
先輩
・・・。プレチャージ式空気銃の脱包は、銃口の前側から棒を突っ込むしかないんじゃないかな・・・。
SAKURA
はぁ!???危ないでしょ?それ!!
先輩
それか『狩猟鳥獣に向けて適切な場所や方法で発砲をすること』だね!!!まぁあれよ・・・『上手くやれ』!
SAKURA
・・・。

空気銃でも使える!?セーフティフラッグを装着する癖をつけよう!

脱包状態であることが外部からでも1発で確認できる便利アイテム!それがセーフティフラッグと呼ばれる物です。

SAKURA
先端直径が5.3mmだから5.5mmの空気銃に使えそうですね!
先輩
これはいいね!これを装着する癖を付ければ、薬室に1発装填されているなんて事は起こらないはず!

 

まとめ

今回の空気銃の暴発事故は非常に驚かされましたし、とても残念でした。何度も言いますが、本当に怪我人が出なかった事が幸いです。

銃猟免許を取得する際、実技試験で行った『銃口内、実包なし!異物なし!』を徹底すれば高確率で防げる事故です。

SAKURA
まさにハインリッヒの法則!『1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する』ですね。
先輩
人間だから失敗することもあるよ!でも俺ら銃所持者は『失敗』したら即退場だし、殺人犯になる可能性だってある!300に秘められたヒヤリハットを『あぶねー』で片付けず、29の軽微な事故、その先にある重大な事故に繋げない事が大切だね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)