オピネルナイフはアウトドアにおすすめ!1番大きいNo.12とコロラマシリーズNo.8を買ってみた!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ『週末狩りガール』を運営しているSAKURAです! 2018年に狩猟免許(第二種銃猟免許)を取得しました! 主にエアライフル(空気銃)を使った狩猟・キャンプ・海釣りについての記事を書いています(๑❛ᴗ❛๑)۶

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

 

今回はアウトドアやキャンプ用としておすすめのオピネルナイフ!

定番サイズのNo.8(コロラマシリーズ)と1番大きいサイズのNo.12を購入したのでご紹介します。

 

注意
オピネルナイフには「No.13」というNo.12よりも大きいサイズのナイフが存在するようです。ですがオピネル公式サイトで取扱いのあるサイズがNo.12までなので、当ブログでは「No.12」「1番大きいサイズ」として取り扱います。

アウトドアやキャンプでおすすめのオピネルナイフとは?

 

オピネルナイフの歴史は、1890年にフランスで開発された折畳式ナイフの原型が、開発者の名前にちなんで「オピネル」と名付けられたことが始まりです。

 

そんなオピネルナイフは、木のハンドル+ステンレススチールやカーボンスチールのブレードが特徴で、シンプルで温かみのある折畳式ナイフです。実用的なナイフとして世界中に愛用者が多く、フランス文化には欠かせないシンボルとなっています。

 

先輩
キャンプ雑誌では特集が組まれるくらい人気だね!
SAKURA
「パブロ・ピカソ」も愛用したとかしないとか!

オピネルナイフは種類が豊富!用途に応じた選び方!

 

オピネルのナイフは種類が豊富なので、目的や自分の手の大きさに合ったナイフを選ぶことができます。

ブレードの材質はステンレスとカーボンの2種類!

 

オピネルナイフのブレードの材質はステンレスとカーボンの2種類があります。

 

ステンレスとカーボンのブレードの特徴
  • ステンレスブレード:錆びにくくてメンテナンスが簡単・初心者向け!切れ味はカーボンブレードに劣る!
  • カーボンブレード:硬度が高く切れ味が非常に良い!小まめなメンテナンスをしないとすぐ錆びる!

 

SAKURA
初心者な私はもちろんステンレスブレードを選択しました!

 

実用的なブレードのサイズは6種類!

 

オピネルナイフのサイズはNo.2~No.13まであるようですが、実用サイズとしてはNo.6~No.12(No.11は生産中止)あたりだと思いますので(公式サイトでもこのサイズが紹介されています)このサイズのオピネルナイフを紹介します。

 

No.6~No.12(ブナ)のブレードサイズや重量
  • No.6:ブレード/約73mm 重量/約30g
  • No.7:ブレード/約80mm 重量/約36g
  • No.8:ブレード/約85mm 重量/約46g
  • No.9:ブレード/約90mm 重量/約57g
  • No.10:ブレード/約100mm 重量/約75g
  • No.12:ブレード/約120mm 重量/約115g

 

キャンプ等で焼いたお肉を切り分けるような使い方であれば、小さくて小回りの利くNo.6No.7がおすすめ!

野菜などの材料をカットしたりする場合はNo.9No.10が使いやすいと思います!

 

先輩
俺はNo.9を愛用しているけど、なんでNo.12を買ったの!?w
SAKURA
・・・。

 

またNo.8は中間サイズでいろいろな用途に使えるので、オピネルナイフの中で1番人気のサイズとなっています。

カラーバリエーションが豊富なコロラマシリーズ(No.8)を購入!

 

今回私が購入したオピネルナイフのひとつコロラマシリーズのNo.8!

ブレードはステンレススチール、サイズ等は上で紹介した通りですが、大きな特徴は目を引くハンドルのカラーリング!

カラーは全5色で、ハンドル部分に革紐が付いています。

SAKURA
コロラマシリーズはナイフを感じさせない可愛さがGOOD!

オピネルナイフで1番大きいサイズのNo.12を購入!

 

そしてもうひとつ購入したオピネルナイフがこのNo.12!

開封してビックリその大きさ!

一緒に購入したオピネルナイフNo.8と比べてもこのサイズ感・・・!w

 

 

SAKURA
「これはやってしまったか・・・!w」

 

 

ナイフ全長が28cmほどあります・・・!w

しかし・・・実際握ってみると驚きの安定感!

 

 

まるで小柄な包丁を扱っているような安定感です!

キャンプで食材カットの使用ならすごく使いやすい気がします。

先輩
レビューが無理やりすぎるぞ!w
SAKURA
いやネタとかではなく、場面次第ではホントに使いやすいですよ!w

今回のまとめ

 

今回はアウトドアやキャンプ用としておすすめのオピネルナイフ!

定番サイズのNo.8(コロラマシリーズ)と1番大きいサイズのNo.12の紹介でした!

結論としては、オピネルナイフ1本でいろいろな使い方がしたい場合はNo.8No.9を選んでおけば間違いなさそうですね!

SAKURA
アウトドアでは雰囲気的にオピネルナイフを使いたい!でもホントは包丁が使いやすい!って方はNo.12もおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)