【令和元年度10】今回もマガモ1羽ゲット!銃猟が禁止されている『住宅密集地』の目安は??

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ『週末狩りガール』を運営しているSAKURAです! 2018年に狩猟免許(第二種銃猟免許)を取得しました! 主にエアライフル(空気銃)を使った狩猟・キャンプ・海釣りについての記事を書いています(๑❛ᴗ❛๑)۶

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

2020年、2回目の週末!

もちろん鴨猟に行ってきましたので、そのご報告となります!

土曜日、最初の池でマガモの群れに遭遇!

SAKURA
先輩!見て下さい!!いきなりマガモの群れですよ!!!
先輩
おおー!幸先がいいねー!
SAKURA
ちょっとカメラで撮影させて下さい!

最近Nikonの最新ミラーレス一眼『Nikon Z-50ダブルズームキット』を購入したので、この日は撮影のために持参していました!

パシャ!パシャ!パシャ!

SAKURA
あーーー!!!!

グワァッッーー!???バサッーバサッーーーー!!!

先輩
逃げたやん!www

マガモがすべて逃げてしまいました・・・!w

気を取り直し次の池へ向かいますが、この後マガモ・カルガモ・コガモには出会えず、この日は終了!

日曜日、最初の池でまたもマガモの群れに遭遇!

日曜日は1人で午前中だけ出猟!

昨日、マガモの群れが居た池へ1番に向かいます!

SAKURA
(マガモの群れが戻ってきてる!!!今日は先に写真撮ったりせずに撃とう・・・!w)

距離は48m!

ヘッド部分を狙います!

SAKURA
最近は鴨のヘッド部分を狙うようにしています。胴体に着弾すると、マガモやカルガモだと半矢で逃げる確率が高い気がします!

パシュッ・・スパンッッ!!!

マガモの首が水面に入りました!

回収後、確認すると目の横に当たっていました!

次の池でもマガモとカルガモに遭遇!

次の池に向かうと奥のほうにマガモとカルガモがいます!

SAKURA
(距離は余裕だけど、回収に困りそう・・・。やめとこう!!

狩猟を始めたばかりの頃は、回収の事をあまり考えていませんでしたが、最近は回収に時間がかかりそうならスルーする事も多くなった気がします。

鴨の回収にラジコンボート??池の状況や鴨までの距離に応じたおすすめの道具について!

2019年12月5日
SAKURA
ラジコンボートを改造してまで、回収方法に命かけてましたが、回収がしやすい池を多く周るほうが賢い気がしています!w

初めて行った池が鴨の楽園でした!!でも住宅密集地・・・!!!

その後向かった池には大量の鴨が!

カルガモの群れの中にマガモも混じっています。

SAKURA
(撃ったら獲れそうだけど・・・ちょっと民家が近いし多い気がする・・・!)
補足
『鳥獣保護及び狩猟に関する法律』では、住宅密集地での銃猟が禁止されています!

住宅密集地=半径200m以内に民家10軒が目安(判例あり)

結局撃たずにスルーしました!

鴨猟の池は、国土地理院のアプリで探していますが、実際に向かってみると民家が多い・・・なんてことも多いです!

猟場の新規開拓!狩猟(鴨猟)ができそうな池を探すなら国土地理院の地図ソフトがおすすめ!

2019年9月26日

Nikon-Z50で池とベンジャミン・アルマダを撮影!

最後にNikon-Z50で池とベンジャミン・アルマダを撮影してみました!

SAKURA
やっぱりこんな山奥の池がいろいろ安心できる!w

もう少し使い方を覚えたら、Z-50についてブログに詳しく書いてみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)