豚コレラは人にも感染するの??感染経路やワクチンについて!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ『週末狩りガール』を運営しているSAKURAです! 2018年に狩猟免許(第二種銃猟免許)を取得しました! 主にエアライフル(空気銃)を使った狩猟・キャンプ・海釣りについての記事を書いています(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

2018年9月に26年ぶりとなる家畜伝染病『豚コレラ』が岐阜県で発生しました。

一時は収束するかに思われた『豚コレラ』ですが、今年に入り今もなお感染が拡大しています。今回は家畜伝染病である『豚コレラ』についてのお話です!

 

 

家畜伝染病豚コレラとは??

 

『豚コレラ』とは、豚コレラウイルスが原因で発症する、豚やイノシシ特有の、凄まじい伝染力と高い致死率が特徴の熱性伝染病です。日本ではしばらくの間、豚コレラの感染は報告されていませんでしたが、2018年9月に岐阜県で26年ぶりに感染が確認され、2019年3月までには岐阜県、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府の1府4県での発生が確認されるまで急速に感染が拡大しました。(現在も感染範囲は拡大中)

豚コレラは、豚やイノシシの病気で最も恐ろしいものとされており、治療法も無く、発生した場合は家畜業界への影響は甚大なものとなることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。

SAKURA
『豚コレラ』という名前ですが、コレラ菌が原因となる人のコレラとは関係ありません!

 

注意 ※『アフリカ豚コレラ』とは別の病気です!

アフリカ豚コレラは、アフリカ豚コレラウイルスが豚やイノシシに感染する伝染病であり、発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病です。 ダニの媒介や、感染した個体との直接的な接触により感染が拡大します。
有効なワクチンや治療法はありませんが、現在までに日本での感染例はありません。 

 

 

豚コレラの感染経路は??

 

豚コレラウイルスは、感染した豚やイノシシの唾液や糞などに混じっているため、それらを介して感染が拡大します。また、発病した豚の肉や内臓にもウィルスが含まれているため、発病した豚やイノシシの精肉などからも感染が広がると考えられています。

現在流行している豚コレラですが、日本国内にこれまで存在しなかった型のウィルスだと判明したため、海外からウィルスが侵入したと考えられています。(欧州や中国などでは検出されている豚コレラウィルスの型と一致)

先輩
『加熱されていない豚肉食品が飛行機で日本に持ち込まれたのではないか?』って言われているね!
SAKURA
初めて感染が確認された地域のバーベキュー場で感染した豚肉が廃棄されて、それを野生のイノシシが食べたと考えられていますね!実際に岐阜では野生イノシシの感染が確認されています!

 

 

豚やイノシシが豚コレラに感染するとどんな症状がでるの??

 

豚コレラに感染した場合の症状!

豚やイノシシの体内に、豚コレラウィルスが侵入すると扁桃腺などの細胞膜にくっつき、細胞内でウイルスが増殖し全身へ広がっていきます。感染した豚やイノシシは、高熱や食欲不振などの症状を引き起こし、『急性豚コレラ』の場合、一般的に発症から10~20日程度で死亡します。

先輩
発症と回復を繰り返し30日程度で死亡するものを『慢性豚コレラ』っていうらしいね!

 

豚コレラの症状や特徴
  • 感染力・致死率が非常に高い
  • 発熱・食欲不振
  • 便秘・下痢
  • 結膜炎・リンパ節の腫れ
  • 呼吸障害・起立困難

 

豚コレラに感染した豚やイノシシの処理について!

残念ながら豚コレラの治療法はないため、豚コレラに感染したり、感染が疑われる豚が確認された場合、農場の豚を全頭殺処分することになります。

SAKURA
今回の流行でも、7例目の感染確認までで1万658頭の豚が殺処分されているんですね・・・。

 

 

豚コレラに感染した肉を食べると人にも感染する?ワクチンはあるの??

 

豚コレラは人間には感染しません!

人と豚は細胞の構造が違うため、人の体内に豚コレラウィルスが侵入したとしても、感染することはありません。

豚コレラに感染した豚肉が市場に出回ることは考えられませんが、万が一豚コレラに感染した豚の肉や内臓を食べても、人に感染することもありません。また、マウス、ウサギ、山羊などの動物に人為的に豚コレラウィルスを感染させる実験の結果、一時的に感染することはあっても、発病はしないことがわかっています。

先輩
人間には感染しないことがわかって、ちょっと安心したよ・・・。

 

豚コレラに対するワクチンについて!

実は日本でも、かつては豚コレラが全国に蔓延していたため、豚コレラの抗体ワクチンは存在しています。ですが養豚農家にかかるコストの負担が大きいため、日本国内では2006年4月から使用を中止しています。

先輩
農水省としては、殺処分による拡大防止で収束させ、なんとしてもワクチン投与は避けたいんだろうね!
SAKURA
なぜですか?ワクチンを打てば予防できるのに??
先輩
ワクチンを打っちゃうと国際獣疫事務局(OIE)が定める『日本は豚コレラ清浄国』の認定からはずれちゃって豚肉の輸出に影響でちゃうからね!
SAKURA
ええ・・・。でももうヤバくないですか??豚コレラ・・・。
先輩
うん・・・。だから農水省も動き始めたみたいだね!

農水省は豚コレラの感染拡大に伴い、県単位での地域限定のワクチン接種の是非を検討する一環で、関係する13県を対象とした意向調査に乗り出した。県内の全ての豚に接種した上で、豚や豚肉製品の流通を域内に限定するなどの前提条件を満たすことが可能かどうかなど、生産者や県の意向を把握する。各県から出てきた意見を踏まえて、慎重に検討する方針だ。ワクチン接種を前提とした調査ではなく、各県の生産者や行政が流通制限などに対応できるかどうか、デメリットをどう受け止めるかなどを把握するのが狙い。調査対象は飼養豚の感染が確認された岐阜、愛知、三重、福井と野生イノシシの感染が確認された長野、富山の6県に加え、これらに近い7県を含めた13県。8月上旬に文書を示した。同省が検討する地域限定のワクチン接種は、その地域の豚は殺処分せずに出荷できるが、接種した地域は国際獣疫事務局(OIE)の「非清浄地域」となり、流通が域内に制限される。接種地域以外は、引き続き「清浄地域」として認められ、輸出を継続できる可能性がある。

出典:日本農業新聞

 

 

まとめ

今回は豚コレラについてのお話でした!Twitterなどで豚コレラについては知っていましたが、今回調べてみて改めてその恐ろしさがわかった気がします。

先輩
豚コレラの影響で、今年度のイノシシやシカの狩猟を禁止する地域もでてきたね・・・。
SAKURA
野生イノシシが豚コレラに感染している可能性を考えて、狩猟者や車にウイルスが付着して拡散することを防ぐ目的ですかね。早く豚コレラ感染が収束するといいですね・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)