DODのキャンプマット『ソトネノキワミ』のレビュー!使い方やおすすめの空気入れについて!

 

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

 

今回はアウトドアでも「まるで家で寝ている」かのような錯覚に陥ること間違いなし!

 

自動膨張式インフレータブルマット「DODソトネノキワミ」のレビュー記事になります!

 

SAKURA
「DODソトネノキワミ」シリーズは、アウトドアでも睡眠環境は妥協したくない!フカフカのベッドのような環境で眠りたい!そんな人のためのプレミアムなキャンプ用マットです!

 

DOD CM2-650-TN タン ソトネノキワミ M [キャンプマット] レビューCP1000

 

DODの『ソトネノキワミ』は3種類のサイズ展開!

出典:DOD

 

「DODソトネノキワミ」はS・M・Lの3種類のサイズが販売されています。

 

SAKURA
私はMサイズを購入しました!

 

 

SAKURA
3サイズを組み合わせることにより、どんなテントでもフィットしやすくなっています!

 

出典:DOD

 

3サイズ全ての商品に枕と専用のシーツ(肌触りの良いポリコットン生地)が付属されていて、シーツ部分は取り外して洗濯機で丸洗い可能のため、いつでも清潔な状態で使うことができます。

 

先輩
ポリコットン生地はいいよね!ポリエステルだとペタペタ肌に引っ付いて気持ち悪いし!

 

DODの『ソトネノキワミ』の使い方!電動空気入れがおすすめ!

 

「DODソトネノキワミ」の使い方は簡単!

マットの内部にウレタンが入っているため、バルブを開けば自然と空気が流入し膨らみます。

 

出典:DOD

 

テントの設営が終了した時点でバルブを開けておいて、その間に食事の支度や他の準備をすれば時間を有効に使うことができます。

 

先輩
でも自然に膨らむって言っても限界があるよね??仕上げの空気はどうやって入れるのよ??

 

SAKURA
付属の枕で入れます!

 

先輩
は!??

 

付属の枕は簡易の空気入れにもなる!

出典:DOD

 

注意
枕で空気を入れる場合は、枕側のバルブもソトネノキワミ側のバルブも「吸気モード」に!

 

出典:DOD

 

速攻で空気を入れたいなら電動空気入れがおすすめ!

 

「自然流入+枕空気入れ」でも十分ですが、どうしても早く空気を入れたい場合は「電動空気入れ」がおすすめです!

 

 

SAKURA
こんな感じで「吸気モード」の状態で空気入れの先端を押し付けると、素早く空気を入れることができます!

 

 

DODの『ソトネノキワミ』のたたみ方は?電動空気入れがおすすめ!

 

「DODソトネノキワミ」のたたみ方も簡単!まずはバルブを「解放モード」にしてある程度空気を抜きます。

 

出典:DOD

 

その後バルブを「排気モード」にして、空気を抜きながらゆっくり巻いていきます。

最後にマットを付属のタイダウンベルトで引き締め固定します。

 

速攻で空気を抜きたいなら、やっぱり電動空気入れがおすすめ!

 

SAKURA
↑で紹介した電動空気入れですが、実は「空気を抜く時」にも使えます!

 

 

先輩
電動空気入れ、めちゃくちゃ便利だね!!

 

DODの『ソトネノキワミ』のレビュー!どのテントに使える??

 

「DODソトネノキワミ」シリーズですが、DODから販売されているだけあってDODのテントにベストマッチするように作られています。(テントによっては3種類を組み合わせる必要あり)

 

先輩
それは当然だろうけど、「このテントにはMサイズがおすすめ!」とか「SとLの組み合わせがピッタリ!」とか一覧表はないの??

 

SAKURA
DOD公式HPにありますよ!

 

 

DODワラビーテント+ソトネノキワミMはギリいける!

 

「DODのワラビーテント」内に「DODソトネノキワミ」を敷くことはできないのか?

 

SAKURA
結論から言うとMサイズまで使えます!(自己責任で!)

 

ワラビーテントとソトネノキワミ(S・M)のサイズ
  • ワラビーテント:W200×D120
  • ソトネノキワミ(S):W208×D80
  • ソトネノキワミ(M):W208×D115

 

先輩
え!?無理じゃない??ソトネノキワミのほうが8cm大きいし…。

 

SAKURA
いやいや!それが普通に入るし、もうこの組み合わせで何回も寝ています!

 

 

SAKURA
ちょっとモッコリしますが、恐らく大丈夫だと思います…!

 

注意
真似する場合は自己責任でお願いします!

 

まとめ

 

今回はアウトドアでも「まるで家で寝ている」かのような錯覚に陥ること間違いなし!自動膨張式インフレータブルマット「DODソトネノキワミ」のレビュー記事でした!

 

「DODソトネノキワミ」シリーズは、バイクツーリング+キャンプのような少しでも荷物をコンパクトにまとめたいシーンでは持っていく事ができないアイテムかもしれません!

 

 

先輩
確かに完璧に収納しててもサイズがでかいよね…。3サイズ全部!

 

SAKURA
でもオートキャンプ場や、キャンプ場に車を乗り入れることが可能な場合は持っていけば「極上の眠り」を体験できますよ!
DOD CM2-650-TN タン ソトネノキワミ M [キャンプマット] レビューCP1000