イノシシ肉や鴨肉などのジビエ料理について

ABOUTこの記事をかいた人

『週末狩りガール』の記事を書いているSAKURAです! 他界した父親や会社の先輩の影響で狩猟に興味を持ち、2018年に第二種銃猟免許を取得しました! エアライフル(空気銃)を使った狩猟についての記事や、アウトドア全般についての記事を書いています♪

SAKURAです!突然ですが、鹿やイノシシのお肉って美味しいですよね♪

現在の食ブームの中、本屋さんのアウトドアコーナーでも『ジビエ料理』についての本がいっぱいあります(๑❛ᴗ❛๑)۶狩猟をしない一般の方が野生の動物の肉を食べる機会も増えているのが最近よく解りますね!

SAKURA
この前食べたイノシシのスペアリブ最高だったよ♪

イノシシのスペアリブを焼いてみた♪

2019年3月21日

今日はそんな『ジビエ』について書いてみようと思います!

そもそもジビエってなに??

ジビエとは狩猟で手に入れた天然の野生鳥獣の肉を意味するフランス語(gibier)が語源となっていて、ヨーロッパでは上流階級の人々の伝統料理として発展してきた食文化です!

ジビエを手に入れることが出来る人=自分の広大な領地で狩猟が出来る人、つまり上流階級の貴族しか食べることが難しい高級料理でした(๑>◡<๑)

ジビエは脂肪が少なく引き締まり、栄養価も高いため今でもフランス料理界ではジビエを使った料理は特別な料理として愛され続けています♪

 

なぜ今、ジビエ料理をよく耳にするの??

 

ジビエ料理がヨーロッパで昔から貴族の間で食べられていたことは解りました!

でもジビエ料理を日本で最近よく耳にするのはなぜなんでしょう??

野生鳥獣による被害が深刻化

現在の日本では、イノシシや鹿をはじめとする野生鳥獣が増えすぎてしまい、農業や自然環境にとって深刻な問題となっています(´;Д;`)

農家の方達が必死で育てた農作物を野生鳥獣が食べてしまったり、田畑を荒らしたり深刻な被害をもたらしています。増えすぎた野生鳥獣は住処を失い、人々が住む街にまで出没するようになり毎年ケガ人が出たり、中にはお亡くなりになられた方もいます。

 

野生鳥獣との新たな共生の形

先輩
野生鳥獣による農産物被害は人間が常に被害者で、野生鳥獣が加害者というわけではないはずだよ!
SAKURA
でもイノシシや鹿は農作物を食い荒らしているんですよね??

先輩
確かにそうだけど、彼らの住む環境を破壊したのも人間なんだよ!駆除した野生鳥獣を捨ててしまうのではなく、食肉としての価値を生み出すことができれば彼らの存在は全体で見ればプラスの存在になると思うんだ!

 

そうですね!これも新たな共生の一つの形でもあり、ジビエ料理を最近よく耳にする理由なのかもしれません。

ジビエ料理ってどんなものがあるの??

 

ジビエ=野生鳥獣の肉ってことで聞いただけで、肉が硬そう、臭さそうといったイメージがありませんか?

ジビエは後処理の仕方や調理方法でとても美味しくなる食材なんですよ(๑>◡<๑)

私が食べたことがあるジビエは鹿、イノシシ、キジ、ヤマドリなどメジャー?なものばかりですが、すべて美味しく頂けました♪

実際、ジビエ料理ってどんなものがあるのでしょうか(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

イノシシ肉のバーベキュー

イノシシの肉はこれが一番シンプルで美味しいかも!

脂が美味しいから、味付けも塩コショウだけで十分♪

 

鹿肉のソテー

ジビエ料理で馴染み深い鹿肉。

鹿肉は日本ではあまり一般的ではありませんが、ヨーロッパでは高級食肉みたいですよ!ソテーやステーキがおすすめです♪

補足
イノシシ肉や鹿肉を水、牛乳、ヨーグルト、塩、麹などに30分から一晩浸けて置けば、臭みが抜けて食べやすくなりますよ!

 

鴨肉のソテー

鴨肉は下処理も不要で、レシピも意外とシンプル!簡単なのに本格的な『ごちそう』の雰囲気が出せるのも鴨肉の魅力♪

焼き過ぎず、じっくり加熱するのがポイントだとか!

でも私は食べたことがないんですよ(´;Д;`)

来期はマガモを獲ってソテーして食べたい!!

まとめ

 

『ジビエ料理』って言葉を初めて聞いた方も、少しはどんなものか伝わったでしょうか(๑❛ᴗ❛๑)۶

最初は抵抗があるかもしれませんが、食べてみるとホントに美味しいお肉ですよ♪

野生鳥獣による農作物の被害や人的被害は深刻ですが、駆除として捕獲されたお肉も無駄にせず美味しく頂くことが出来たらいいですよね!

『ジビエ料理』を通じて少しでも狩猟に興味を持つ方が増えたら嬉しく思います(๑>◡<๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。