キャンプ初心者必見!4つの失敗例&対策とおすすめの持ち物について!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ『週末狩りガール』を運営しているSAKURAです! 2018年に狩猟免許(第二種銃猟免許)を取得しました! 主にエアライフル(空気銃)を使った狩猟・キャンプ・海釣りについての記事を書いています(๑❛ᴗ❛๑)۶

SAKURA(@hunter_girl2018)です!

 

アウトドアに興味をもち、『キャンプに行こう!』と思っても、何を準備すればいいのかわからないし、何か失敗しそうで怖い(+_+)

 

SAKURA
誰だって最初は皆、初心者なんですよね!

 

当然失敗はつきもので、キャンプ中には予期せぬ出来事が起こることでしょう!(たぶん)

 

でもあらかじめ、よくある失敗例とその対策を知っておけば少しはマシになるかも!?

 

キャンプの魅力についてはこちら!

家族やカップル・友達と!キャンプの種類ごとの魅力と楽しみ方♪

2019年4月29日

 

 

最初は皆同じ!キャンプに失敗はつきもの!

 

キャンプ中によく起こる失敗例とその対策方法を調べてみたので、紹介しますね♪

 

SAKURA
ほんの一例ですがホントによくある失敗例なので対策しておきましょう!
先輩
彼女の前で失敗したくないからねー!
SAKURA
えー!? 先輩彼女いるのですか??
先輩
いませんが??なにか!?
SAKURA
ですよねー(笑)

 

失敗例① テントを忘れる!

それはないでしょう!?と思う方もいると思いますが、結構あるそうですよ(笑)

 

大きい物だけに倉庫から出すだけで満足してしまい、車に積み忘れてしまった!なんてことがないように気を付けましょう!

 

SAKURA
テントがないと日帰りキャンプになってしまいますよ!

 

対策

対策としては、テントは腐る物ではないのであらかじめ車に積んでおくのが一番です!

その他には、これはすべての忘れ物対策として有効ですが、頭の中でキャンプに行ったと想像して現場到着→テントを張るなどイメージして必要なアイテムを書き出しておくのもいいと思います!

 

一度、キャンプ用アイテムリストを作成しておけば忘れ物はかなり減ると思います♪

 

 

失敗例② テントやタープの設営に時間を取られる!

キャンプ初心者の場合、テントを設営したことがあるという方はそんなに多くないのではないでしょうか!

 

SAKURA
私も数回しかありません!

 

説明書を読んで出来るつもりになっていても実際に現地でやってみると、なかなか難しいものですよね!

 

何事もうまくいかないとイライラするものです(+_+)

 

せっかくリフレッシュに来ているのに、それだけは避けたいですよね♪

 

対策

この対策としてはテントを購入したらまず、Youtubeなどで設営動画がないかチェック!

 

説明書を見るよりは実際に設営している動画を見るほうがわかりやすいと思います!

 

先輩
テントの設営が本当に初めての場合は、説明書じゃ解らないよね!

 

また、実際に広いスペースで試し張りをしておけば現地での設営がよりスムーズに行えると思いますよ♪

 

 

 

失敗例③ 炭に火が起こせない!

これもバーベキューなどの失敗談でよく聞きますが、コツを知らないとなかなか炭に火がつきません(+_+)

 

SAKURA
火おこしは専用アイテムを使えば余裕♪

 

対策

慣れるまでは、火おこしのための便利アイテムを使いましょう!

 

着火剤、ガストーチなどいろいろありますが、使い方次第では危険もあるため注意して下さいね!炭の組み方のコツがわかってくると、新聞紙だけで起こせるようになるとか!

 

その辺はYoutubeなどを参考にして下さい♪

 

 

失敗例④ 夜になって真っ暗なことに気付く!

街では夜でもコンビニは開いているし、街灯もあって明るいですよね!

 

そんな暮らしに慣れていると、大自然の夜の暗さにはびっくりすると思います(+_+)

 

対策

LEDランタンは数個準備するようにしましょう!

みんなが集まるテーブル付近や、テントの中にも必要です!

 

トイレに行く時用に懐中電灯タイプもあればなおよいでしょう!

 

メインランタンとして1000ルーメンクラスを1つは準備しておくことをオススメします!それだけで広範囲を明るく照らすことができますよ♪

 

 

まとめ

 

初心者でもベテランでも失敗はつきものですよね(+_+)

このページで紹介した例以外にも失敗することはたくさんあると思います!

 

SAKURA
失敗を恐れずに!
先輩
SAKURAさんは失敗しすぎだよ・・・。

 

でもそんな失敗を重ねながら、現地でなんとかうまくやり過ごしたり、帰ってから笑い話にしたり、対策を練ったりするのもまたキャンプの楽しみではないでしょうか!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)